誰でもオシャレになる方法を伝授


ビッグシルエットでモードな女性に変身

既にアパレルショップなどでも見かけたことのある方も多いかと思いますが、おしゃれにこだわりのあるハリウッドスターや、モデルとして活躍している女性の間で、今年は『ビッグシルエット』のファッションアイテムを使用したコーディネートが人気となっています。

名前の通り大きめのデザインになっているビッグシルエットのファッションアイテムは、メンズ用?!と思うほど大きいシルエットが特徴的で、今シーズンではテーパードパンツやスキニーパンツのボトムスと、ビッグシルエットのジャケットを組み合わせたファッションコーディネートが、とってもトレンド感が漂いカッコイイスタイルですので、モードスタイルを好む女性でしたら、是非取り入れていきましょう!

ちょっぴりダサイかも?!という80年代のファッションが、まだまだ流行している昨今では、お父さんみたいな雰囲気が漂った「オジファッション」の要素を取り入れたスタイルが、女の子がファッションに取り入れることで、なんだか絶妙なバランスと味が出てカッコイイんですよね。

野暮ったくなりすぎないよう、足元にパンプスを合わせたり、パンツをロールアップさせてローファーシューズと合わせたり、どこかスッキリとさせてあげるのが今流です。


アダムエロぺで可愛い大人スタイル

Adam et Rope’(アダムエロぺ)は、「ときを感じながら楽しむことの喜びを様々な国からの要素と文化を絡めて提案する」ということをコンセプトに、1990年より誕生したインポートブランドのセレクトショップです。

海外のインポートブランドならではの個性豊かなデザインや、スタイリッシュで洗練された雰囲気を持つオリジナルアイテムで、大人可愛いスタイルを目指す女性から、とても人気のあるショップとなっています。

アダムエロペの魅力は、女性らしいフェミニンな印象を活かした、上品なヌードカラーやセンスの良いキュートなカラーアイテムで、大人らしいスタイリッシュなデザインの中に、甘過ぎない可愛らしさを秘めた商品を豊富に取り扱っているところです。
アダムエロぺで可愛い大人スタイル


MinoriTYの口コミ

MinoriTYは、メンズファッションの専門サイトで、遊び心のあるデザインが魅力で、色んな種類のメンズ服を用意しています。メンズファッションアイテムを激安で販売している通販サイトで、ココのファッションは、雑誌でも注目されて話題になっています。MinoriTYのボタンタイプのスウェットパーカーはおすすめで、値段が安いのに、厚手でしっかりした造りになっています。細身にも合うアイテムで、1着持っていればとても重宝しますよ。また、七分丈の爽やかなMinoriTYのストライプシャツもおすすめです。とても着心地が良く、色違いで購入するとファッションの幅が広がります。
MinoriTYの口コミ


ユニクロの口コミ

ユニクロと言えば、非常に安いイメージがありますが、品質も悪くないので、おすすめできます。安い割に品質が良く、値段相応の価値は十分にあります。ユニクロの良いところは、オリジナル商品で勝負しているところです。話題のヒートテックなどは品切れ状態らしく、相当売れているみたいです。実際、この商品を着用してみると、めちゃくちゃ暖かいです。ユニクロは、低価格でおしゃれなカジュアルが楽しめるので、お金のない学生にとっては嬉しいところです。
ユニクロの口コミ


近年のブログの普及により、ファッション業界のプロのみならず、むしろ一般人の消費者が自らのファッションの好みや買い物日記、コーディネートなどをインターネットを介して発信することで、個人発信のトレンドというものが生まれてくる時代になっています。

ファッションにフォーカスしたブログは数多くあり、中にはプロのファッション業界の写真家が世界中で撮影したオシャレな人々の着こなしを集めているものなどもありますが、最近ではコーディネート塾とでも呼ぶべき、これからオシャレに力を入れていきたい一般人の為に、元雑誌モデルなどの方などが、無理なく自然にできるコーディネートやアイテム選びのポイントなどをブログでテーマごとに紹介する内容のものがあります。

ブログに限らず、インターネットを介したこのようなコーディネートアドバイスの利点としては、ブログ内で紹介されているコーディネートを実際に真似したいと思った際に、すぐその商品をネット上で購入できる場合が多いということでしょう。
メジャーなファッション雑誌などに掲載されている商品の多くが、最新のブランド物が多いのに比べて、このようなブログで掲載、お勧めされている商品は、ネットショップなどで取り扱われている比較的安価ながら、最新の流行を取り入れたアイテムであることが多く、ユニクロなどの大手ファストファッションに比べると、同じアイテムを着ている方の数も少ないので、ファッション初心者には適していると言えそうです。

紳士服の歴史


買い付け

バイヤーというのは、商品を単品で買い付けることはまずしない。単品を買い付けることが例外であるにしても、その付帯する商品の情報をしっかりつかんでいるものなのです。簡単に言えば、新車を買う場合を考えてみてほしい。ハンドルを単体で、ヘッドライトだけ、タイヤやホイール購入を、車の塗装を単独で行うことはない。装備もしかりだし、エンジンの性能についても同様です。車内のインテリアも、大きな要因です。車1台を買う場合でも、全体の構成というか、想像図を頭に描いて、欲しいクルマの要因や要素を決めていきます。どういうクルマがほしいのか。それはそのクルマを買うことで、生活の中でどんな変化がもたらされ、生活の中でクルマはどのようなウエイトが置かれ、より高度で効率的な変化をもたらさせるクルマでなければならない。走ることが生活の中に組み込まれ、それは以前よりもよほど高度化されていないと、クルマ購入には踏み切れません。1台のクルマ購入ですら、このように悩むのです。業務として大量の商品を扱うバイヤーの、その悩みとは比較にならないほど難解で…。


チェックシャツ

チェックシャツとはその名のごとくチェック、格子柄のシャツです。一口にチェックと言ってもさまざまなパターンがあり、チェックの柄次第でビジネスユースからカジュアルスタイルまで幅広く着こなすことができるシャツです。
ビジネスシーンのチェックシャツには、赤と黒など2色のラインが交互に白地に入ったタッタソール・チェック、方眼状の1色のラインが縦横に入ったグラフ・チェックなどがよく用いられ、これらに加えて、グラフ・チェックよりも交差する間隔が大き目のヘリンボーン・チェック、白ともう一色別の色を組み合わせたギンガム・チェックやブロック・チェック、スコットランドの民族衣装でも使われているタータン・チェック、インドのチェンナイ(旧名・マドラス)が発祥の複数の明るい色目を織ったマドラス・チェックなど、カジュアルシャツのチェック柄は多彩です。
チェックシャツはTシャツなどの上に着てアウターとして、さらにその上に無地のジャケットなどを羽織ってアクセントに効かせることもできます。


ベスト

ベストは袖のないショート丈のトップスで、ジレ、チョッキとも呼ばれています。スリーピースの1つとしてスーツジャケットの下に着るフォーマルなものから、ニット製やアウターのダウンベストなどカジュアルなものまでいろいろな種類があり、ファッションアイテムの定番の1つとなっています。ベスト、vestはアメリカ英語で、イギリス英語ではwastcoat、ウエストコートとなり、イギリスでベストとはタンクトップを指します。ジレ(gilet)はフランス語です。
ベストの原型となる服は15世紀には存在しており、1666年にイギリス国王のチャールズ二世がベストを紹介したのが始まりとされています。17、18世紀にはシルクやコットン、ウールなどを素材に刺繍やキルティング加工など、さまざまにデコレーションされたベストを紳士たちは必ず着用していたそうです。
現在のメンズ用ベストは豪華な刺繍が施されたものよりも単色系のシンプルなものが多いですが、Tシャツととジーンズの組み合わせにベスト1枚を羽織っただけで印象をガラッと変えることのできる、コーディネイトのお役立ちアイテムの1つです。

メンズファッション情報 オシャレになりたい男性必見!


技術

コーディネートを考えて商品を取り揃えます、それが仕事ですから。そしてそのサンプルを、マネキンに着せて見せます。もちろんブティックやショップ、デパートの店員さんがすることもありますが、基本的な組み合わせ、前の季節との違い、新しいファッションとしての見せ方という技術は、店舗の方の上を行っていないと評価されないし、商売の成績にも影響します。もちろんデザイナーさんの感性もありますが、それは一部の人向け、一部の例としてのデザインであって、商売としてのデザインや着こなしは、そこにはありません。そして一般の方へのアドバイスとしては、マネキンや雑誌の読モの写真は動かない、ということを知ってほしいのです。ポーズをとったマネキン、読モの写真を見て気に入ったから、と同じ商品を購入する人は少なくありませんが、あなたは生きています、動いています。動かないマネキンや写真とは違うことを、はっきり自覚してほしいのです。別にその服を着てバク転をするとは思いませんが、その生きて、動いている活動もファッションであること、着こなしなんだということを。


バイヤーが考えることは…

バイヤーという仕事は、もちろん相手が必要になる。当然ながら、ファッションもファッション産業も見せたい相手や対象があるけれど、バイヤーは業務として、経済行為として、顧客や購買層という見えない相手を対象として、売り上げという現実と戦っているのです。顧客って、誰? 購買層って誰のこと? そんなもの、どこにあるの? でもその見えない相手に対して、現実の売り上げにしないと評価されない、経費がつぎ込まれるから実績を上げないとクビになる、そういう世界です。
バイヤーが考えることは…